僕の青春?
全部やまなか家ですよ。

佐藤 駿 SYUN SATOH

2016年4月入社
やまなか家 天童店 主任
好きなメニュー:豚トロのタレ

高校入学後、部活に入らなかった代わりに、何かしようと思い立ち、近所のやまなか家でアルバイトをはじめたのがきっかけです。それから大学を卒業するまでの7年間、多い時だと週6日、学校の友達や家族よりも多くの時間をここで過ごしました。ほとんどライフワーク同然です。印象に残っているのは、スタッフに指示を出すポジションを任された時のこと。当時は高校2年生で、周囲の人はみんな自分より年上。自分なりに頑張ったけど、上手くいかず、これでは迷惑をかけると思い、一度辞退させてもらいました。その後「もう一回やってみな」と言われたのは高校3年生の時。渋っていたら、当時のマネージャーの武田さんが「お前にとやかく言う奴がいたら、俺がしっかり守ってやるから」と言ってくれたのをよく覚えています。アルバイトの高校生のことをそこまでちゃんと考えてくれてるんだって胸が熱くなりました。「自分もそういう風になりたい」その思いで、大学を卒業後も、やまなか家へ就職することを選びました。ここなら大好きな地元にもずっといられますからね。やまなか家のいいところは、店舗ごとに現場のスタッフの色が出せるところ。これまで3人の主任・マネージャーのもとで働き、色んなことを学ばせてもらいました。今後はそれを活かしつつ、常に「自分だったらどうするか」を考えながら経験を積み重ね、ゆくゆくはマネージャーを目指したいです。